酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラ・スコリエーラ
(赤坂) シーフード(肉はありません)の南イタリア料理。お店にはいるとお魚が氷の上に綺麗にディスプレイされているのが目に入ります。お店の方のフレンドリーさもとてもいいです。フロアは結構ひろく、席間も広めにとっているのでゆったり。人数が多ければ好みを伝えてあらかじめお任せコース、そうでなければお店の人と相談しながらアラカルトをチョイス。ワインリストも南(サルディーニャやシチリア)を中心にリーズナブルなお値段のリストです。お誕生日対応もしてくれますし、お魚好きな方がお相手なら、カジュアル目の接待にもつかえる安心のお店です。

お店のページ
http://www.la-scogliera.com/

スポンサーサイト

黒猫夜
(赤坂) 不思議な中国酒家。入ると、カウンターに黒猫の下げちょうちんに、本棚のような高い酒甕だなが目に入ります。メニューはユニークのひとこと。羊の串焼きと鴨舌が名物のようですが、ほかにも、蛙、田うなぎと中国エキゾチックの好きな方なら涙もの。これだけ経年紹興酒があるお店を東京でほかに筆者は知りません。白酒も有名なマオタイだけではなく、たくさんの種類が。中でも水滸伝の武松が飲んだ?と書いてあるお酒なんか、まあとりあえずは飲みますね。変わったものがお好きな方と、どうぞ。どのくらい飲むかによりますが5千円+、でしょうか。

http://r.gnavi.co.jp/a457100/


あじさい
(赤坂) 海物がおいしい和食やさん。東北出身の大将が、スペシャル・ルートの市場の仕入れで絶妙のお料理を出してくれます。4人対応の半個室や、大人数対応の個室もあるのでとても便利。冬はいろいろな種類のお鍋があって、いずれもお勧め(私は特に鱈ちりがお気に入りですが、他のもおいしいです)。日本酒、焼酎、ワインなども種類豊富で、結構飲んで1万円ぐらいかな(ふぐとかすっぽんになるともちろんもう少しお値段が張りますが)。ランチメニューもお買い得。赤坂でビジネスランチという時にもばっちり使えるお店です。

お店のホームページ
http://www.ne.jp/asahi/akasaka/ajisai/


鴨しゃぶ竹亭
鴨しゃぶと〆の絶品ラーメン。世の中にはまだ私の知らないおいしいものがたくさんあるんだなあ...と思ったお店。とても元気な大将とご家族のサービスも素敵。きれいなお店で、ほかに類のない鴨なべ+極細ラーメンをいただきます。最後のラーメンはかなり出てくるので、おつまみを頼みすぎないように注意。結構飲んで1万円いくかどうか、というところでしょうか。

お店のページ
http://www.shinzou.co.jp/akasaka.html


シュマン
大人のフレンチ。ソムリエとシェフががっぷり四つに組むと、こういう魅力あるお店になるんでしょうか。すばらしいワインリスト(そしてリーズナブルなお値段)、しっかりした量のお皿。コースは、女性は3品でも十分かもしれません。ブーダンノワールをじゃがいものフリットに閉じ込めた前菜は、食べた瞬間においしくて沈黙しました。折に触れて戻りたいお店です。
値段は完全にワイン次第。予算や好みを言えば、すばらしい一本を選んでもらえます。食事も込みの予算を指定すれば、接待も可。引っ越した後のお店の雰囲気もよく、テーブル間が適度に離れていて、サービスも良い感じ。

お店のページ
http://www.chemins.jp/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。