酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ball Toungue
(木場)バスケット・ゴールが内装にあるこだわりのお店。手作りアメリカンです。フィラデルフィアに住んだことのある人には涙ものの「フィリーズチーズステーキ」や、ごつごつ本格派のチリコンカルネ。フュージョンなタコライスもあり、入れ替えのあるビールの銘柄とあわせて、一人3-5千円で十分飲み食いできます。アメリカを懐かしみましょう。

お店のブログ
http://balltongue.blog35.fc2.com/
スポンサーサイト

イ・ビスケロ
(木場) トスカーナのマンマの味、と自らを表現するイタリアン。おいしい。シェフが修行したというフィレンツェのお店(Pandemonio)は、私の数日間のフィレンツェ滞在の中でもっともおいしかったレストランですが、木場のこのお店は、ロケーションが地味なのにもかかわらず予約必須の大人気もうなずける味だと思います。良い意味でオーソドックスなメニュー揃えで、前菜盛り合わせ(野菜のオイル漬けだの生ハムだの)やトリッパ、からすみスパゲティなどに、上質のグリエを組み合わせるのが王道でしょうか。ワインリストもとてもよいです。値段はワイン次第ですが、一人5-8千円ぐらいでしょうか。

お店のホームページ
http://www.ensuisha.co.jp/ibischero/


祥(しょう)
東西線木場駅近くの焼肉やさん。地元の方以外にはわかりにくいところかもしれませんが、この当たりから枝川にかけては、韓国・焼肉料理屋さんがひしめいています。
その中でも、近江牛一頭買いを標榜するこのお店は、内臓の鮮度がよく、ホルモン鍋(量が多いので注意!)などの焼肉以外メニューもとてもいい感じ。ごま油にお塩を入れたたれをお願いし、ささっとあぶるぐらいで食べる焼肉やレバ刺しはたいそう気に入っています。ひとり5-7千円ぐらいかな(近江牛だけとかお酒をたくさん飲むとかだともう少しかかるかも)

ぐるなびのページ
http://r.gnavi.co.jp/a271400/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。