酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上海朝市
(神保町) 上海料理。この界隈にいくつか違うプライスレンジのお店を展開するグループの一店で、手延麺が名物の比較的カジュアルなお店。昼の食べ放題と麺が有名ですが、夜はコースもあります。テーブルが丸くないので、大人数で出かけるときには普通のレストランで食べる感覚(あまりに多いと長テーブルでグループが分断されちゃう)をイメージされるとよいでしょう。コースはお買い得な5000円台のプライスレンジもあり、それでも質量は十分。紹興酒もおいしい甕だしが何種類かあり、飲み較べができます。最後の麺までぜひたどり着きましょう。5000円コース+飲みで6-7千円、あとはコースの値段なりです。

お店のホームページ
http://www.asa-ichi.com/

スポンサーサイト

蘭奢待(らんじゃたい)
(神保町) 日本酒のおいしいお店。鶏は比内鶏にこだわっているそうですが、鶏刺身もあるほどの鮮度。焼き鳥や鶏からもおいしい。イベリコ豚の串焼きなんていうのもあります。そしてあのはせがわ酒店直営であるという期待を裏切らず、お酒の品揃えも良い感じ。定番に加えて本日のおすすめリストとして、口開けする日本酒を限定していることで、クオリティをキープしているのですね。有名店ですが席数が意外と少ないので、予約は結構たいへん。夜遅くまで空いているので、2ラウンド目に入れればラッキー、でしょうか。蘭奢待とは正倉院にある沈香の名前です。値段はお酒次第ですが、5千円+であとはどれだけ飲むか?でしょうか。

お店のページ
http://www.ranjatai.com/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。