酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スピローズ
(六本木) ギリシャ料理です。白い内装、バーカウンターもあってすっきりした感じの店内で、オーソドックスなギリシャ料理。初めての人はコースがいいんじゃないでしょうか(3000円ぐらいと5000円ぐらいがあります)。一品料理では、スブラキ、ムサカなんかの定番もよいですし、日本人向きなのはバカリャウ(といってもポルトガル料理のバカリャウとは違うなあ…たらのビール衣さくさく天ぷらです)でしょうか。ワインがリーズナブルなので、6-7千円というところでしょうか。せっかくなので、ギリシアワインをぜひ。

お店のページ
http://www.spyros.jp/index.cgi

スポンサーサイト

フレンチ・キッチン
(六本木) グランドハイアットのフレンチ。適度にモダン、適度にオーソドックスで、過不足のないお料理が出てきます。お値段はそれなりですが、こんな個室もあって、いろいろ使えそう。グランドハイアット自体が雰囲気の良いホテルなので、トータルの満足度は高いです。ワイン次第ですが、1.5-2万円+でしょうか。

http://www.grandhyatttokyo.com/cuisine/frkitchen.htm



さんだ
(六本木) 和牛のお店。とはいえ、ありがちなメイン料理(焼肉とかステーキとかしゃぶしゃぶとか)だけをフィーチャリングするのではなく(焼肉メニューもありますが)、内臓を含めたバリエーション豊かな牛肉料理が食べられます。特に、レバだのふわ(肺)だのせんまいだの…といったモツ系は、鮮度のよいお刺身もあり必食。いろいろ少しずつ入ったコースをまずためし、慣れたらアラカルト、でしょうか。ワインはリーズナブルな品揃え。焼酎や日本酒もおいしそうです。8千円+(ひとりワイン1本飲めば1万円)。

サントリーグルメガイド のページ
http://www.suntory.co.jp/gourmet/shop/0334232020/index.html


ブルガディア
(六本木) フレンチ中心の洋風無国籍(と見えました)メニューを誇る中箱展開のグループの一店舗。グリエ(焼き物)は自慢だというだけあって、とってもおいしい。パン(パン屋さんチェーンももっているようです)も○。前菜、デザート、ワインメニュー共にバランス感があり、安心して使えるお店です。コースは4-5千円からあり、アラカルト(特にグリエ)は迷う甲斐があります。オーナーシェフが日替わり食材を提供するようなタイプのお店には満足度でかなわない可能性がありますが、レベルが高い。

お店のサイト
http://www.burdigala.jp/bur_tokyo.htm




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。