酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


多聞
(神田) 居酒屋さん。何がスペシャルかって冬の鹿肉。ふだんは、お店のお姉さんの感じが良く、壁一面に庶民のおつまみとお酒が神田価格でならび、夜中までやっているくつろげる居酒屋さんってだけのことですが(いや、それで十分かも)、冬になると蝦夷鹿が登場します。これを居酒屋料理そのままに焼いてくれたり刺身で出てきたり。私は一度ハンバーグっていうのを食べました。ナイフ&フォークで食べるジビエとはまた違うおいしさに出会います。ビール&焼酎で4000円前後。
同僚とサラリーマンの悲哀をかこちつつ楽しく飲むのがこの上もなく似合うお店。

テレビの取材ページ
http://www.ntv.co.jp/burari/000108/info8.html

スポンサーサイト

きよら
(神田) お料理もおいしくリーズナブルなお値段でかつ焼酎の品揃えがとてもよい。ちょっと駅から離れているせいか、予約もすごくとりにくいというほどではない。つまりは、紹介したくないお店の一つ、です。お料理は正統派ちょっと関西風。メニューはオーソドックスですが、いずれも丁寧につくってありおいしい。春は筍、京野菜も登場したりして、お魚もおいしい。コースもお買い得です(季節により内容はかわります)。単品で頼む場合は最後に稲庭うどんをお忘れなく。飲む量によりますが、5千円から8千円程度。それを超えたらよほどの酒飲みです。

ぐるなびのページ
http://r.gnavi.co.jp/a043400/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。