酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽 はせ川
(湯島)天神下からほど近い場所にある大人のお店。京風のお料理で吟味されたお魚、お野菜。素材ももちろんですが、丁寧な仕上げのお料理は、落ち着いた大人のごはんという感じです。お酒の品ぞろえも素敵なラインナップで、個室もあります。お値段はコース(5千から1万円)の選択と、お酒で何をいただくか次第。お酒は高いものもありますがリーズナブルな値段域もそろっているので、全部で1万円かからない仕上がりでも十分に楽しめます。

グルメウォーカーのページ。
スポンサーサイト

シンスケ
(湯島) 正統派と言う呼び方がぴったり。一階は予約がとれないそうなので、並ぶしかありません。お酒は両関のいろいろで、冷、常温、ぬる燗などを正1合ずつ、ひとり2合ぐらいでさくっと切り上げる感じのお店。お料理も正統派。お野菜がとてもおいしいので、ぜひお試しを。5-7千円で、フード・クオリティに対してとてもCPのよい感じ。大人のお店なので、騒いだり暴れたりしてはいけませんが、同種(だと私が思う)浅七よりはくつろげる感じです。いずれにしても、あまり若い方向きではありませんね。年齢制限を考えて行きましょう。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ


川中島
(湯島) 焼き鳥+創作鶏料理。一階のカウンターと二階のお座敷あわせてもそう大きなお店ではないので、予約は必須です。焼き鳥は大串なので、値段(安い!)を見て頼みすぎないことがポイントです。サラダとかパテとか洋風なおさらと、品揃えの多いお豆腐もおいしい。お酒も、ワインがあって洋風な感じでもいけます。最後にプリン(プレゼンテーションがかわいい)もぜひ。たくさん飲んで食べて5000円いくかなあ…。

ぐるめぴあのページ
http://www.g.pia.co.jp/common/shop_info/spif0001.jsp?shp_cd=61295&jldiv=1


一片雲
野菜たっぷり広東料理。ランチにいっただけのお店を取り上げることは原則しないつもりなのですが、ここはとってもおいしかったので。小さなお店で、雰囲気はカジュアル。野菜がたくさん載ってくる麺が中心のランチは大人気。湯島値段(お買い得)でもあり、再訪を誓います。

グルメ紹介ページ
http://books.bunka.ac.jp/onlineMRS/restaurant/detail/0211_1.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。