酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


江戸屋
(日本橋) 新潟名物へぎそばのお店。新潟にあるお店の姉妹店だそうですが、箱ざるに綺麗に乗ってくるおそばはとってもおいしいです。お昼ならてんぷらとおそばで。夜はお魚とお酒がおいしいので、おそばの余地を残しつつ楽しみましょう。日本酒の品揃えはなかなかですが、きちんとお蕎麦もたべて、飲みすぎなければ5000円かからないかな。海草(ふのり)をつなぎにつかって、緑色の濃いへぎそばもありますが、ここのはそうでもありません。のど越しのよいおそばでお気に入り。店内はトラディショナルでおじ様向けの雰囲気です。

ぐるなびのサイト
http://r.gnavi.co.jp/g185130/


スポンサーサイト

トラットリア・カヤバッチョ
(茅場町) カジュアル・イタリアン。ロケーション、お値段からとてもカジュアルな感じを想像しますが、カジュアルはカジュアルでも味はなかなかの本格派。ワインリストもいい感じです。お値段はワインの値段次第ですが、一皿の量がしっかりあるのでグループほどお得な感じ。シーフードが特に気に入りました。このロケーションはなかなかお店選びに苦労するので、使えそうです。

お店のページ
http://www.cayabaccio.com/index_j.html


川中島
(湯島) 焼き鳥+創作鶏料理。一階のカウンターと二階のお座敷あわせてもそう大きなお店ではないので、予約は必須です。焼き鳥は大串なので、値段(安い!)を見て頼みすぎないことがポイントです。サラダとかパテとか洋風なおさらと、品揃えの多いお豆腐もおいしい。お酒も、ワインがあって洋風な感じでもいけます。最後にプリン(プレゼンテーションがかわいい)もぜひ。たくさん飲んで食べて5000円いくかなあ…。

ぐるめぴあのページ
http://www.g.pia.co.jp/common/shop_info/spif0001.jsp?shp_cd=61295&jldiv=1


ベッラナポリ
(森下) のらくろーどにある石釜ピッツァのお店。というか、ナポリ料理のお店なんですが、なんといってもピッツァがおいしい。パスタは食べたことがありません。店のフロアにある釜から、さくっと出てくるピッツァはナポリ風のもちもち生地。最初の方は定番のマルゲリータ。アンチョビがお嫌いでなければアッチューゲ、チーズが嫌いでなければクワトロフォルマッジ(4種のチーズ)、もうひとつお勧めでサルシッチャ(ソーセージ)を細かくちぎって載せたビアンコ(白いピッツァ:チーズが土台)。ひとり当てピッツァ1枚と、軽く前菜、デザートに珈琲でワインを軽く飲んでひとり5-6千円、でしょうか。席数は少ないので予約は絶対必要です。

デリシャスのページ
http://www.delicious.ne.jp/html/toku02/kiji02/kiji02_0208_02.htm


ダフィーズ
(銀座) アイリッシュパブ。銀座4丁目交差点すぐ近くという絶好のロケーションで、結構スペースが広く、店内の雰囲気もわりかしがんばった感じ(本場をまねしている感は十分にあるんだけど、もっと薄暗くないと完璧にはなりませんね。違和感はそこにありますが日本なのでしょうがないか)。
メニューも、ギネスドラフトやキルケニー、フライ中心の食べ物にシチューと、本場との違いはできたてあつあつが出てくるしビールが冷えていること(!)。それなりに飲んで5000円ぐらい。パーティーを一度お願いしたことがありますが、とてもきちんとした対応で助かりました。唯一の難は閉店がパブにしては早いことでしたが、金・祝前日は営業時間を延ばされましたね。すばらしい。某有名レストランチェーンの展開ですが、そういう先入観は邪魔。おすすめです。

http://r.gnavi.co.jp/g428000/


魚四季
(築地・場内) 場内で夜まで空いているお魚のおいしいお店。リーズナブルなお値段のシーフードを求めて、劇混み。予約が必要です。私の酒量だと5000円は超えますが、あまり飲まずにごはんが中心ならもっと安くあがる方もいるかも。お刺身だけではなくて、煮物、焼き物、揚げ物も季節のお魚づくしでいけます。雰囲気は居酒屋さん。仲良しの飲み会や、カジュアルなグルメデート向きでしょうか(店内は意外と後者が多い感じ)。

ぐるなびのページ(気合入り)
http://r.gnavi.co.jp/g406401/


蘭奢待(らんじゃたい)
(神保町) 日本酒のおいしいお店。鶏は比内鶏にこだわっているそうですが、鶏刺身もあるほどの鮮度。焼き鳥や鶏からもおいしい。イベリコ豚の串焼きなんていうのもあります。そしてあのはせがわ酒店直営であるという期待を裏切らず、お酒の品揃えも良い感じ。定番に加えて本日のおすすめリストとして、口開けする日本酒を限定していることで、クオリティをキープしているのですね。有名店ですが席数が意外と少ないので、予約は結構たいへん。夜遅くまで空いているので、2ラウンド目に入れればラッキー、でしょうか。蘭奢待とは正倉院にある沈香の名前です。値段はお酒次第ですが、5千円+であとはどれだけ飲むか?でしょうか。

お店のページ
http://www.ranjatai.com/

あぐん茶
(西麻布) 沖縄料理。お洒落で安い。西麻布交差点近くのお店で、モダンな内装とゆったりした客席配置。メニューは平均的な沖縄居酒屋さん。バラエティもほどよくあり、沖縄入門者にもおすすめできます。ディープな方にはちょっと物足りない綺麗さかもしれませんが、ポーク(缶詰ですね。沖縄名物)メニューがたくさんあるところもお気に入り。海ぶどうは水槽があって、ライブなものが食べられます(美味)。泡盛の品揃えもそれなりにありますが、なぜか2合と4合瓶の値段がつりあっていない感じ(瓶のお買い得感が強い)。…はっ こういうのは瓶を頼ませる戦略なんでしょうか。ビールで乾杯、それなりに食べて泡盛を飲んで一人6千円まで。泡盛の良いやつを飲むともう少しいくかもしれません。場所から言うと安い感じですね。

ぐるなびのページ
http://r.gnavi.co.jp/g713900/


力(りき)
(銀座) おでんやさん。一品料理とおでん。おでんは、色の薄いスープ(いわゆる関東煮―かんとだき―風)ですが、塩味はきつめ。これはおつまみもそうです。一品料理もお酒のつまみなので、飲めない火とは充実のご飯メニューを早めに頼んで手元に置いといたほうがよいかも。トマト、とうもろこし、なんていう変り種もあってよい感じです。おじさま気分が味わえます。それなり(焼酎ロック4杯ぐらい:盛りはよい)に飲んでも一人7千円ぐらいでしょうか。入れ込みのテーブルがあるので、ちょっと区切られ感があり、おじさまとご一緒のグループ飲み会に向いています。

ハナコのページ
http://www.hanako-net.com/omise/detail.jsp?id=78104601&gosu=0


高はし
(築地・場内) お魚料理屋さん。場内のカウンターだけのお店で、行列ができていなければラッキー。冬はあんこう汁[おしょうゆ味]が名物ですが、普段からなにせおいしいお魚を定食で食べられるお店。場内らしく朝から昼過ぎまでの営業です。お刺身の鮮度も、焼き物・煮物も、アナゴどんぶりも捨てがたい。もっとも、お刺身は他の火を入れたシナに比べればお買い得感に薄く、単品で何かと一緒にとるとちょうどよいのかもしれません。朝から思わずおなか一杯食べてしまうお店です(事情が許せばビールも…)。ちなみに、あんこうや名物の小甘鯛焼きは、2000円をこえ(時価)、「安い!」という感じではなく、それなりの値段を払ってもおいしいお魚が食べたい人向けのお店です。

築地王さんのページ
http://www.tsukijioo.com/Shop/Jounai/Takahashi.htm


もつ壱
(日本橋) 新しいお店。安くておいしい。近隣のモツ好きの方は、ぜひ。お店はあまり広くなく、メニューの数も多いとはいえませんが、鮮度もよくお買い得なモツ鍋や焼き物が食べられます。結構飲んでもひとり5000円はハードル高いかなあ。モツ鍋(二人分より)・おつまみ・焼酎(これも銘柄数はそう多くないのですが、気合の品揃えでとっても良いリストです)で3-4千円でしょうか。注意:辛みそ味のお鍋はとっても辛かったです。辛味の苦手な方は、調節を依頼したほうがよいでしょう。

東京グルメのページ
http://gourmet.livedoor.com/item/100/T23967/


竹富島
(銀座) リトル沖縄系列の銀座3店の中では、他の2つとはだいぶ違う「おしゃれ」な風情のお店。箱も広いのですが、ここも人気で予約は必至。グループで、また沖縄料理初心者の方でもとっつきやすい店内の雰囲気で、赤がわらとシーサーの飾りも素敵です。味は、リトル沖縄ですから庶民風でOK。ひとり5千円+、泡盛をいっちゃうともう少し高めでしょうか。

お店のページ
http://www.little-okinawa.co.jp/


リトル沖縄
(銀座) 沖縄料理(居酒屋風)。リトル沖縄系列の本店(?)ですね。老舗の風格ただよう沖縄料理屋さん。新橋に近いです。カウンターとテーブルがいくつかで、店内はあまり広くありません。隣の席とも超近い。でもそのごちゃっとした居酒屋感もいいです。予約は結構難しく、時間制(2時間)になることも。泡盛の品揃えは抜群。平日は3時までやっているので、時計を気にしないと終電を逃しそうです。

お店のページ
http://www.little-okinawa.co.jp/


ちゃんぷるぅや
(銀座) 沖縄料理(居酒屋風)。リトル沖縄の系列で、メニューも似ています。銀座にある系列3店の中では、もっとも居酒屋風かなあ。壁にぺたぺたとメニューがはってあり、本日のおすすめなんかもあって、このちゃんぷるぅな雰囲気が沖縄。お味は沖縄で食べるのとおんなじ、ばっちり本場の味です(高級というのではなく庶民派)。ここの系列はどこもそうですが、とっても人気があるので予約をとるのは結構難しい。夜遅くにふらっといくとラッキーにも席が空いていたりします。お値段もエコノミー。

お店のページ
http://www.little-okinawa.co.jp/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。