酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンスケ
(湯島) 正統派と言う呼び方がぴったり。一階は予約がとれないそうなので、並ぶしかありません。お酒は両関のいろいろで、冷、常温、ぬる燗などを正1合ずつ、ひとり2合ぐらいでさくっと切り上げる感じのお店。お料理も正統派。お野菜がとてもおいしいので、ぜひお試しを。5-7千円で、フード・クオリティに対してとてもCPのよい感じ。大人のお店なので、騒いだり暴れたりしてはいけませんが、同種(だと私が思う)浅七よりはくつろげる感じです。いずれにしても、あまり若い方向きではありませんね。年齢制限を考えて行きましょう。
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ


Brian Turner
(ロンドン) メイフェアにあるミレニアムホテルの1階、モダン・ブリティッシュ。インド風、和風などのオリエンタル・エスニックフレーバーを取り入れた英国料理で、美味。お店はフォーマルすぎず、カジュアルすぎずという感じなので、ビジネス着かちょっとドレスアップが良いと思います(観光の場合には注意)。ワインリストがリーズナブルなので、ひとり80ポンド程度でもいけます。一皿の量はそれなりにありますが、デザートがおいしいので頑張ってたどり着きましょう。魚、肉、野菜のいずれもおいしいというバランスの取れたお店です。
http://www.london-eating.co.uk/3504.htm

Salisbury
(ロンドン) コベントガーデンのパブ。トラファルガースクエア、ロンドン美術館(フェルメールやゴッホのよい絵があります)、ロンドン写真美術館などにいく折にアクセスのよいお店。私の中では、フィッシュアンドチップスがおいしいお店として分類されています。残念なのは、ビールが結構輸入物なこと(おいしいのですが)。ロンドンの地ビール、というわけにはいきません。座れる席もたくさんあるので、ゆっくりできます。ビール飲んでフィッシュアンドチップス食べて10ポンド強でしょうか。

http://www.pubs.com/pub_details.cfm?ID=236

El Blason
(ロンドン) スローンスクエアから徒歩5分、スパニッシュタパス。料理はどれもおいしいですし、パエリアもデザートもトラディショナルなお味。ワインの選び方次第ですがひとり6-70ポンドで十分楽しめまるというロンドンにしては破格のCPです。結構日本人のお客さんが多いので、会話には注意(?)。ワインリストはスペイン物はほとんどリオハ。レゼルバとグランレゼルバの違い(保存期間)ぐらいしか説明されていないので、こんな感じ―重いとか軽いとか甘いとか渋いとか―と伝えて選んでもらうのがよいと思います。フレンチ、その他の地域のワインもあります。

http://www.london-eating.co.uk/424.htm



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。