酔生夢死
お酒も好きな筆者の食べ歩き・飲み歩きのリスト。


プロフィール

はりねずみ

  • Author:はりねずみ
  • 飲み・食べ歩き。量(飲食共に)に限りが出てきたので、クオリティを追求することを心がけています。
    文中にある飲み量の目安は、ビール1杯+日本酒3合[ワインなら半本、焼酎・泡盛はロック3-4杯]+αでしょうか。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Salisbury
(ロンドン) コベントガーデンのパブ。トラファルガースクエア、ロンドン美術館(フェルメールやゴッホのよい絵があります)、ロンドン写真美術館などにいく折にアクセスのよいお店。私の中では、フィッシュアンドチップスがおいしいお店として分類されています。残念なのは、ビールが結構輸入物なこと(おいしいのですが)。ロンドンの地ビール、というわけにはいきません。座れる席もたくさんあるので、ゆっくりできます。ビール飲んでフィッシュアンドチップス食べて10ポンド強でしょうか。

http://www.pubs.com/pub_details.cfm?ID=236

El Blason
(ロンドン) スローンスクエアから徒歩5分、スパニッシュタパス。料理はどれもおいしいですし、パエリアもデザートもトラディショナルなお味。ワインの選び方次第ですがひとり6-70ポンドで十分楽しめまるというロンドンにしては破格のCPです。結構日本人のお客さんが多いので、会話には注意(?)。ワインリストはスペイン物はほとんどリオハ。レゼルバとグランレゼルバの違い(保存期間)ぐらいしか説明されていないので、こんな感じ―重いとか軽いとか甘いとか渋いとか―と伝えて選んでもらうのがよいと思います。フレンチ、その他の地域のワインもあります。

http://www.london-eating.co.uk/424.htm

バー・オーチャード
(銀座)フレッシュフルーツのカクテルがほんとにおいしいバー。素敵な内装、素敵なお店の方は言うまでもありません。フレッシュフルーツ+α(トマトがありました)がカウンターに盛られ、これをとお願いするといい感じに作ってくださいます。もちろん、シングルモルトやその他リカーも充実。チーズも並び、軽い食事も作ってくれるようです。飲み物のお値段次第ですが、二軒目にいって4~5000円ぐらいでしょうか。

http://www.suntory.co.jp/gourmet/bar-navi/shop/0X00067627/index.html

maru 二階
(八丁堀)交差点近く、酒屋さんの二階にあるバー。22時ごろラストオーダー23時閉店ですが、LO近くでも混んでいる人気ぶりです。当然といえば当然で、ワインを店売り値段+500円で飲ませてくれ、炭火でイベリコや野菜をさくさく焼いてくれ、さらに生ハムにいたっては4種類+サラミという充実ぶり。唯一の欠点はきわめて予約がとりにくいということでしょうか。ワイン代によりますが、きちんと食べてひとり5000円台から。

刀削麺園
(東銀座)刀で削るひらひらの麺を辛いスープで食べる(辛くないスープもありますが)刀削麺(とうしょうめん)。最近お店が増えていますが、こちらはわりと最近のオープンで、辛めのスープも辛すぎず、麺以外のメニューもかなり本場チックでおいしい。コースも3000円からあるようで、カジュアルな宴会に使えます。内装は、毛沢東時代の新聞や近衛兵バッチなんかを飾ってあり、モダンレトロの感覚なんでしょうか(しかし時代は変わったものですね)。

ライブドアグルメのページ
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/315435.html

TY Harbor
(天王洲)地ビールのブリューワリ。お料理は無国籍チックなアメリカンで、川を眺めながらおいしいビールを飲めます。ビールは、本格的に個性のある各種で、本日のお勧めもあります。エール系は、フレッシュな分とてもおいしいです。ワインリストはカリフォルニアを中心になかなかの充実ぶり。ウォーターフロントのアメリカの大都市にあるようなお洒落目のレストラン、ですね。

レストランのページ
http://www.tyharborbrewing.co.jp/home/restaurants/tyh.html

ヴィラモウラ
(銀座)ポルトガル料理屋さん。日本では馴染みのない感もありますが、シーフードが多くてちょっとイタリアンに似てはいますが、日本人にはより合うお料理かもしれません。このお店は特に、コースにもはいっているカタプラーナ(お鍋)の最後にごはんをいれてリゾットをつくってくれるので、いっそう親しみが。チーズのパン(ポンデケージョ)は最近普通のパン屋さんにも売っていることがありますが、レストランの出来立てはおいしいですね。ちょっと変わったメニューも安心して頼めるお店です。コースもお買い得。ワイン、マデイラ、ポートと飲み物も充実していて、どの位飲むかでご予算は6-8千円ぐらいのレンジでしょうか(高いワインもありますが)。

お店のページ


つけそば屋たかまる
(門前仲町)夜中すぎまでやっているちゃんとしたお蕎麦屋さん。深夜にちょっと食べたいんだけどラーメンじゃカロリーが…と思ったらここ。天ぷらもぱりぱり揚げたてを出してくれます。看板メニューは鴨つけそば。量もいろいろ頼めます。普通に温かいおそば、「つけ」スタイルではない冷たいおそば(50円増し)も。

ライブドアグルメのページ
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/311431.html

Ball Toungue
(木場)バスケット・ゴールが内装にあるこだわりのお店。手作りアメリカンです。フィラデルフィアに住んだことのある人には涙ものの「フィリーズチーズステーキ」や、ごつごつ本格派のチリコンカルネ。フュージョンなタコライスもあり、入れ替えのあるビールの銘柄とあわせて、一人3-5千円で十分飲み食いできます。アメリカを懐かしみましょう。

お店のブログ
http://balltongue.blog35.fc2.com/

アドリブ
(銀座) マノワール・ダスティンの系列で、場所もすぐ地下。居酒屋風、というだけあって一品料理が中心、かつカジュアルに楽しめます。お店は広く、入りやすい。ワインもお手ごろ、お料理は創作系もあり。ワインリストも手ごろなので、しっかり食事してもひとり1万円未満でもいけます。軽く一杯、ということもお願いできます。マノワール・ダスティン仕込みのブーダンノワールはぜひ。人数が多いときには、事前にお願いしておけばコースも組んでくれます(本来はアラカルトのお店)。

ぐるめぴあのページ
http://g.pia.co.jp/front/contents/pdetvie/SH54724




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。